浦和福音自由教会(Urawa Evangelical Free Church)
330-0061
さいたま市浦和区常盤10-7-13
TEL.048-822-1478
すべて疲れた人、重荷を負っている人は、わたしのところに来なさい。わたしがあなた方を休ませてあげます。マタイの福音書11章28節
ホーム
教会のご紹介
私たちの信仰
私たちのめざすもの
牧師(教職者)紹介
案内地図
教会ギャラリー
パイプオルガン
ひかりの園
集会のご案内
定期集会
週報
はじめての方へ
ショートメッセージ
伝道礼拝

チャペルコンサート
ホーム > 伝道礼拝

■5月の伝道礼拝

 「香油の献げ物」

日時:2018年5月6日(日)
    第1礼拝 午前 9時30分 〜
    第2礼拝 午前11時30分 〜


説教:
牧師 坂野慧吉

聖書:
マルコの福音書14章1〜11節

【マルコの福音書14章1〜11節】
 さて、過越の祭りと種なしパンの祝いが二日後に迫っていたので、祭司長、律法学者たちは、どうしたらイエスをだまして捕え、殺すことができるだろうか、とけんめいであった。 彼らは、「祭りの間はいけない。民衆の騒ぎが起こるといけないから。」と話していた。
 イエスがベタニヤで、らい病人シモンの家におられたとき、食卓に着いておられると、ひとりの女が、純粋で、非常に高価なナルド油のはいった石膏のつぼを持って来て、そのつぼを割り、イエスの頭に注いだ。 すると、何人かの者が憤慨して互いに言った。「何のために、香油をこんなにむだにしたのか。 この香油なら、三百デナリ以上に売れて、貧乏な人たちに施しができたのに。」そうして、その女をきびしく責めた。 すると、イエスは言われた。「そのままにしておきなさい。なぜこの人を困らせるのですか。わたしのために、りっぱなことをしてくれたのです。 貧しい人たちは、いつもあなたがたといっしょにいます。それで、あなたがたがしたいときは、いつでも彼らに良いことをしてやれます。しかし、わたしは、いつもあなたがたといっしょにいるわけではありません。 この女は、自分にできることをしたのです。埋葬の用意にと、わたしのからだに、前もって油を塗ってくれたのです。 まことに、あなたがたに告げます。世界中のどこででも、福音が宣べ伝えられる所なら、この人のした事も語られて、この人の記念となるでしょう。」
 ところで、イスカリオテ・ユダは、十二弟子のひとりであるが、イエスを売ろうとして祭司長たちのところへ出向いて行った。 彼らはこれを聞いて喜んで、金をやろうと約束した。そこでユダは、どうしたら、うまいぐあいにイエスを引き渡せるかと、ねらっていた。



伝道礼拝について
浦和福音自由教会では、毎月第一日曜日の礼拝を「伝道礼拝」として、広く未信者の方々をもお迎えし、聖書のメッセージを解りやすくお伝えしています。第1礼拝、第2礼拝どちらに出席されても結構です。ご来会のための事前連絡などは特に必要ありません。また、伝道礼拝以外の礼拝にも自由にご出席になれます。あなたのおいでをお待ちしています。


浦和福音自由教会 © 2007-2018 Urawa Evangelical Free Church