浦和福音自由教会(Urawa Evangelical Free Church)
330-0061
さいたま市浦和区常盤10-7-13
TEL.048-822-1478
すべて疲れた人、重荷を負っている人は、わたしのところに来なさい。わたしがあなた方を休ませてあげます。マタイの福音書11章28節
ホーム
教会のご紹介
私たちの信仰
私たちのめざすもの
牧師(教職者)紹介
案内地図
教会ギャラリー
ことば
いのち

愛する
天地創造
光の創造
草花の創造
エデンの園
園からの追放
洪水の後
十戒
約束の地
ダビデの竪琴
新天新地
十字架
パイプオルガン
ひかりの園
集会のご案内
定期集会
週報
はじめての方へ
ショートメッセージ
ホーム > 教会ギャラリー > 愛する

愛■愛する (縦233cmX横88cm)

 
「わたしがあなたがたを愛したように、そのようにあなたがたも互いに愛し合いなさい。」ヨハネ13章34節

 礼拝堂のロビーの4枚のステンドグラスは、「ことば」「いのち」「ひかり」そして最後に「愛する」というテーマのもとに作成されたものです。 「ことば」「いのち」「ひかり」である主イエス・キリストが弟子達に最後に残された命令は、主が私たちを愛されたように、互いに愛し合うことでした。このみことばがステンドグラスの一番上に聖書のことばとして記されています。そして一番下には、「愛する」という意味の「アガパオー」というギリシャ語が記されています。下の右端をみると植物がありますが、これはおそらく「しゅろ」の葉であろうと思われます。主イエスが十字架にかかるためにエルサレムに入城した時、人々がしゅろの木の枝を取って主イエスを迎えたことを意味しています。このようにして主イエスを歓迎した人々は、やがてこの主を十字架につけるように要求するようになるのです。
 このステンドグラスの中央には、「小羊」が描かれています。これは主イエス・キリストを表しています。主イエスの伝道の生涯の初期のころ、バプテスマのヨハネからバプテスマ(洗礼)を受けられました。主が再びヨハネのところに来られた時、ヨハネは主イエスを見て、「見よ。世の罪を取り除く神の小羊」と語りました。この小羊のさらに上には、Α(アルファ)というギリシャ語の文字があり、下の方には、ωという文字があります。これはギリシャ語のアルファベットの最初の文字と最後の文字です。主イエスが、
「わたしはアルファであり、オメガである。最初であり、最後である」(ヨハネ黙示録20章6節)と語られたことを表しています。主イエスは初めからおられたお方であり、いつまでもおられるお方であること、永遠のお方であることを意味しています。「神である主、常にいまし、昔いまし、後に来られる方、万物の支配者がこう言われる。『わたしはアルファであり、オメガである』」(ヨハネ黙示録1章8節)
 さらに小羊が描かれている周囲の四角の中には、縦7個、横7個の美しいガラス玉がはめ込まれています。「7」という数字は完全数であり、「神の完全性」を表しているということができます。このことにより、小羊は神であり、完全なお方であることが分かります。さらに、小羊のすぐ左上を見ると、そこに十字架が記されています。これは、永遠のお方であり、完全であり、罪のない神の御子が人となられ、罪人の身代わりに十字架で死なれたことを表しています。「キリストは罪を犯したことがなく、その口になんの偽りも見出されませんでした。ののしられても、ののしり返さず、苦しめられてもおどすことをせず、正しくさばかれる方にお任せになりました。そして自分から十字架の上で、私たちの罪をその身に負われました。それは、私たちが罪を離れ、義のために生きるためです。キリストの打ち傷のゆえに、あなたがたは、いやされたのです。」(第一ペテロ2章24節)
 さらにこの小羊が描かれている四角の周りには、12の窓があります。この12の窓は、「イスラエルの12部族」または、「キリストの12使徒」を示しています。つまり、神の民、神の教会を表しています。 この窓は一つひとつの模様が異なっています。このことによって、神の民の多様性、キリストの教会が様々な賜物や特徴をもっている人々によって構成されていることを意味しています。この教会を表す窓の真ん中に、「十字架につけられた神の小羊」が存在することによって、神の御子イエス・キリストの十字架の身代わりの死による贖いとキリストを信じる信仰によって教会が建てられているのだということが強く自覚されるのです。そして周囲の曲線は、12の窓を通して、つまりキリストの教会を通して、キリストの愛がこの世に伝えられて行く様子を表しているのです。
 最後に、Αとωは、最初と最後を表すとともに、Αγαπαω(愛する)というギリシャ語の動詞を表しています。キリストが私たちを愛してくださったように、私たちも互いに愛し合うとき、
「それによって、あなたがたがわたしの弟子であることを、すべての人が認めるのです。」(ヨハネ13章35節) 「ことば」「いのち」「ひかり」「愛する」というステンドグラスをじっと見てから、礼拝堂に入るとそこに「十字架のステンドグラス」が目に入って来ます。

浦和福音自由教会 © 2007-2017 Urawa Evangelical Free Church