浦和福音自由教会(Urawa Evangelical Free Church)
330-0061
さいたま市浦和区常盤10-7-13
TEL.048-822-1478
すべて疲れた人、重荷を負っている人は、わたしのところに来なさい。わたし があなた方を休ませてあげます。マタイの福音書11章28節
ホーム
教会のご紹介  私たちの信仰  私たちのめざすもの  牧師紹介  案内地図  教会ギャラリー  オルガン  ひかりの園
集会のご案内  定期集会  週報はじめての方へ  ショートメッセージ
ホーム > 週 報 > 2017/08/20
 
2017年8月20日(第34号)

「蜜よりも甘い神のことば」

聖日礼拝

牧師 坂野慧吉


第1礼拝司会:

栗原 誠兄  「主への恐れはきよく、とこしえまでも変わらない。」
 「主への恐れ」とは、主に対する「恐怖」ではなく、「畏怖」の思いであり、「信仰」である。「とこしえまでも変わらない」とは「永遠に堅く立つ」ということである。しかし、私たちの「信仰」は、純粋できよく、揺るぎのない確かなものであろうか。むしろ自分の信仰を見るならば、「不純」で「変わりやすい」ものなのではないか。
 「主のさばきはまことであり、ことごとく正しい」
 「主のさばき」とは、「主のみことば」のことである。それは「真実」であり、すべて「義」である。主のみことばは、多くの純金よりも好ましい、「かけがえのない宝」である。また、主のみことばは、「蜜よりも甘い「慰めに満ちた」「私たちを励まし力づける」みことばなのである。
 「主のみことばによって、あなたのしもべは戒めを受ける。それを守れば、報いは大きい。」
 「主のみことば」によって、主を信じるものは迷いと罪を正される。そして「主のみことば」によって、「主の戒めを守る力と知恵」が与えられる。さらに「主のみことば」が約束している「主の祝福」を受けることができる。
 「私たちの信仰」は、決して純粋でも、確かなものでもないが、「主の真実」と「主のみことば」によって与えられる信仰は、「とこしえまでも変わらない」のである。

第2礼拝司会

坂井邦雄兄

奏      楽 田中美穂姉
前 奏
招 詞* 詩篇100篇1〜5節
賛 美* 539番
祈 り
交読文 ヨハネの福音書15章1〜12節
賛 美* 501番
牧会祈祷

牧師

賛 美* 賛美歌第二編191番
聖 書 詩篇19篇7〜14節
説 教
『蜜よりも甘い神のことば』
牧師
献 金 187番
頌 栄* 541番
祝 祷* 牧師
後 奏
報 告
献児式(第1礼拝後)
(*の部分はご起立下さい)

【8月の暗誦聖句】
ああ、シオンの民、エルサレムに住む者。もうあなたは泣くことはない。あなたの叫び声に応じて、主は必ずあなたに恵み、それを聞かれるとすぐ、あなたに答えてくださる。 (イザヤ書30章19節)
遠隔地在住会員にメッセージを提供しています。パスワードが必要です。
右クリックし音声ファイル(MP3)を保存できます(3〜5MB程度) ご注意
浦和福音自由教会 © 2007-2017 Urawa Evangelical Free Church