浦和福音自由教会(Urawa Evangelical Free Church)
330-0061
さいたま市浦和区常盤10-7-13
TEL.048-822-1478
すべて疲れた人、重荷を負っている人は、わたしのところに来なさい。わたし があなた方を休ませてあげます。マタイの福音書11章28節
ホーム
教会のご紹介  私たちの信仰  私たちのめざすもの  牧師紹介  案内地図  教会ギャラリー  オルガン  ひかりの園
集会のご案内  定期集会  週報はじめての方へ  ショートメッセージ
ホーム > 週 報 > 2017/10/01
 
2017年10月1日(第40号)

「神は生きている者の神」

聖日礼拝

牧師 坂野慧吉


第1礼拝司会:

栗原 誠兄  復活はないと主張していたサドカイ人たちがイエスのところに来て、モーセが、「もし兄が死んで妻をあとに残し、しかも子がない場合には、その弟はその女を妻にして、兄のために子をもうけなければならない。」と書いていることを引用して、架空の話を作りあげ、「復活がある」とすれば、その際には女性はだれの妻になるのかと質問した。
 これを聞いてイエスは、「そんな思い違いをしているのは、聖書も神の力をも知らないからだ。」と厳しく指摘した。復活の時には、「めとることも、とつぐこともなく、天の御使いたちのようです。」と答えられた。
 イエスはまた、主が「わたしは、あなたの父の神、アブラハムの神、イサクの神、ヤコブの神である」とモーセに告げた箇所を読んだことがないのかと彼らの無知を非難した。そして「神は死んだ者の神ではなく、生きている者の神である」と教えられたのである。
 後になって、使徒パウロはユダヤ人議会の中で、パリサイ人とサドカイ人がいるのを見て、「私は、パリサイ人で、パリサイ人の子です。私は死者の復活という望みのことでさばきを受けている」と叫んで議会の中の不一致を暴いたのである。パウロはその手紙の中で、「キリストの復活と死者の復活」についてコリント教会の誤りを指摘している。
 「からだのよみがえり」は、私たちの望みである。

第2礼拝司会

坂井邦雄兄

奏      楽 田中美穂姉
前 奏
招 詞* 詩篇100篇1〜5節
賛 美* 539番
祈 り
交読文 ヨハネの福音書15章1〜12節
賛 美* 66番
牧会祈祷

牧師

賛 美* 賛美歌第二編191番
聖 書 マルコの福音書12章18〜27節

コリント人への手紙第一15章20〜22節
説 教
『神は生きている者の神』
牧師
献 金 234A番
頌 栄* 541番
祝 祷* 牧師
後 奏
報 告
(*の部分はご起立下さい)

【10月の暗誦聖句】
たとい主があなたがたに、乏しいパンとわずかな水とを賜っても、あなたの教師はもう隠れることなく、あなたの目はあなたの教師を見続けよう。 (イザヤ書30章20節)
遠隔地在住会員にメッセージを提供しています。パスワードが必要です。
右クリックし音声ファイル(MP3)を保存できます(3〜5MB程度) ご注意
浦和福音自由教会 © 2007-2017 Urawa Evangelical Free Church