浦和福音自由教会(Urawa Evangelical Free Church)
330-0061
さいたま市浦和区常盤10-7-13
TEL.048-822-1478
すべて疲れた人、重荷を負っている人は、わたしのところに来なさい。わたし があなた方を休ませてあげます。マタイの福音書11章28節
ホーム
教会のご紹介  私たちの信仰  私たちのめざすもの  牧師紹介  案内地図  教会ギャラリー  オルガン  ひかりの園
集会のご案内  定期集会  週報はじめての方へ  ショートメッセージ
ホーム > 週 報 > 2017/11/12
 
2017年11月12日(第46号)

「福音は神の力」

聖日礼拝

副牧師 齊藤 耕


第1礼拝司会:

栗原 誠 兄  パウロは、ローマのクリスチャンたちに、改めて福音を伝え、その恵みを分かち合い、その深みを共に味わいたいと願っていた。
 かつて、彼は熱心なユダヤ教徒であったため福音を恥と思っていたが、よみがえられた主イエスとの出会いにより、霊的に目が開かれ、今は「主イエス・キリストの十字架(福音)以外に誇りとするものが決してない」と告白している。そこには、「目からうろこが落ちる」ような経験があった(参.使徒9章)。
 時は変わって、1517年10月31日マルチン・ルターによる宗教改革が起こった。彼を、宗教改革に導いたのは、聖書の正しい解釈であるが、その中で最も大きな影響を与えた聖句が、『なぜなら、福音のうちには神の義が啓示されて』いるというローマ1:17だ。

「従来のカトリック神学は、『神の義』の『の』を主格的に神がもっておられる義、すなわち、神が義であり、それにより罪人を裁く義と理解…。しかし、ルターはこの『の』を目的格的に解釈し、神が不義である罪人を義と認める義と理解した。」
『キリスト教会2000年』著.丸山忠孝

 このみことばとの出会いにより、ルターは、罪人に対して怒る義の神ではなく、恵み深い愛の神を知るに至ったのである。
 私たちも、恵みにより、信仰によってのみ義と認められ、神様との愛の交わりの中に生かされている。

第2礼拝司会

黒羽 徹 兄

奏      楽 小澤良子姉
前 奏
招 詞* 詩篇100篇1〜5節
賛 美* 539番
祈 り
使徒信条 週報をご参照ください
賛 美* 271番b
牧会祈祷

牧師

賛 美* 賛美歌第二編191番
聖 書 ローマ人への手紙1章16〜17節
説 教
『福音は神の力』
副牧師
献 金 298番
頌 栄* 541番
祝 祷* 牧師
後 奏
報 告
(*の部分はご起立下さい)

【11月の暗誦聖句】
あなたが右に行くにも左に行くにも、あなたの耳はうしろから、「これが道だ。これに歩め。」と言う言葉を聞く。 (イザヤ書30章21節)
遠隔地在住会員にメッセージを提供しています。パスワードが必要です。
右クリックし音声ファイル(MP3)を保存できます(3〜5MB程度) ご注意
浦和福音自由教会 © 2007-2017 Urawa Evangelical Free Church