浦和福音自由教会(Urawa Evangelical Free Church)
330-0061
さいたま市浦和区常盤10-7-13
TEL.048-822-1478
すべて疲れた人、重荷を負っている人は、わたしのところに来なさい。わたし があなた方を休ませてあげます。マタイの福音書11章28節
ホーム
教会のご紹介  私たちの信仰  私たちのめざすもの  牧師紹介  案内地図  教会ギャラリー  オルガン  ひかりの園
集会のご案内  定期集会  週報はじめての方へ  ショートメッセージ
ホーム > 週 報 > 2017/11/19
 
2017年11月19日(第47号)

「人とは何者なのでしょう」

聖日礼拝

牧師 坂野慧吉


第1礼拝司会:

古山三樹彦兄  詩篇第8篇は、比較的短い詩篇であるが、そのスケールの大きさと内容の豊かさによって、多くの人に愛される詩篇となっている。
 この詩篇は、「私たちの主、主よ。あなたの御名は全地にわたり、何と力強いことでしょう。」という、主への賛美から始まる。神のご威光は、天に置かれているが、神を賛美するのは、幼子と乳のみ子たちである。エルサレムの神殿の中で子どもたちが賛美しているのを聞いた祭司長と律法学者たちが、文句をつけた。これに対して、主イエスは、この詩篇8篇を引用して、彼らをいさめられた。
 次に、この詩篇は、神が創造された天とその中にある月や星を見た人間が、「人とは何者なのでしょう。あなたがこれを心に留められるとは。」という感動を表わしている。
 さらに、神は人を「神よりもいくらか劣るものとし、これに栄光と誉れの冠をかぶらせました。」と告白し、この人間に神が創造された多くのわざを治めさせた。と言いあらわしている。
 最後に、再び「私たちの主、主よ。あなたの御名は全地にわたり、何と力強いことでしょう。」という主への賛美をもって終わっているのである。
 私たちもまた、この詩篇の作者とともに、神の偉大さと人間の小ささ、そして人となられた神の御子イエス・キリストによる世界の支配を覚えて、神を賛美したい。

第2礼拝司会

五十嵐正俊兄

奏      楽 田中美穂姉
前 奏
招 詞* 詩篇100篇1〜5節
賛 美* 539番
祈 り
交読文 ヨハネの福音書 15章1〜12節
賛 美* 66番
牧会祈祷

牧師

賛 美* 賛美歌第二編191番
聖 書 詩篇 8篇1〜9節
説 教
『人とは何者なのでしょう』
牧師
献 金 502番
頌 栄* 541番
祝 祷* 牧師
後 奏
報 告
(*の部分はご起立下さい)

【11月の暗誦聖句】
あなたが右に行くにも左に行くにも、あなたの耳はうしろから、「これが道だ。これに歩め。」と言う言葉を聞く。 (イザヤ書30章21節)
遠隔地在住会員にメッセージを提供しています。パスワードが必要です。
右クリックし音声ファイル(MP3)を保存できます(3〜5MB程度) ご注意
浦和福音自由教会 © 2007-2017 Urawa Evangelical Free Church