浦和福音自由教会(Urawa Evangelical Free Church)
330-0061
さいたま市浦和区常盤10-7-13
TEL.048-822-1478
すべて疲れた人、重荷を負っている人は、わたしのところに来なさい。わたし があなた方を休ませてあげます。マタイの福音書11章28節
ホーム
教会のご紹介  私たちの信仰  私たちのめざすもの  牧師紹介  案内地図  教会ギャラリー  オルガン  ひかりの園
集会のご案内  定期集会  週報はじめての方へ  ショートメッセージ
ホーム > 週 報 > 2017/12/10
 
2017年12月10日(第50号)

「人間の罪」

聖日礼拝

副牧師 齊藤 耕


第1礼拝司会:

小室正彦兄  人間の罪の根本的な問題は、造り主である神を神としてあがめず、感謝もしないところにある。むしろ、多くの者は、人間が造った偶像を神として拝み、あがめている。
 それゆえ、神は、人間をその心の欲望のままに汚れに引き渡され、彼らは、互いにそのからだをはずかしめるようになった。それは、神のかたちに造られた人間本来の素晴らしい性質を失う、あるいは、歪めることでもある。
 その結果、男と女の性は混乱し、交わりの存在として造られた人間本来の素晴らしい営みは損なわれていった。そして、性の混乱は、アイデンティティの喪失につながり、人間はますます欲望の中に自らの存在意義を求めるようになる。
 また、人間が、神を知ろうとしたがらないので、神は彼らを良くない思いに引き渡された。それで、本来は神の栄光とその被造物を治めるために人間に与えられた、きよい心や優れた知性も、その本来のあり方を忘れ、あらゆる不義と悪とむさぼりに用いられるようになった。人々は互いに、ねたみ、争い、欺きと悪だくみ、あるいは、高ぶり、わきまえなく約束を破り、慈愛を失っていった。
 そのようなことをおこなえば、神のかたちに造られた本来の素晴らしい姿を失い、やがて死に至ると知っていながら、自力で止めることはできなかった。 
 人間には、救いの御手が必要である。

第2礼拝司会

坂井邦雄兄

奏      楽 峯 弥生姉
前 奏
招 詞* 詩篇100篇1〜5節
賛 美* 539番
祈 り
交読文 ヨハネの福音書 15章1〜12節
賛 美* 94番
牧会祈祷

牧師

賛 美* 賛美歌第二編191番
聖 書 ローマ人への手紙1章18〜32節
説 教
『人間の罪』
副牧師
献 金 257番
頌 栄* 541番
祝 祷* 牧師
後 奏
報 告
(*の部分はご起立下さい)

【12月の暗誦聖句】
きょうダビデの町で、あなたがたのために、救い主がお生まれになりました。この方こそ主キリストです。あなたがたは、布にくるまって飼葉おけに寝ておられるみどりごを見つけます。これが、あなたがたのためのしるしです。 (ルカの福音書2章11〜12節)
遠隔地在住会員にメッセージを提供しています。パスワードが必要です。
右クリックし音声ファイル(MP3)を保存できます(3〜5MB程度) ご注意
浦和福音自由教会 © 2007-2017 Urawa Evangelical Free Church