浦和福音自由教会(Urawa Evangelical Free Church)
330-0061
さいたま市浦和区常盤10-7-13
TEL.048-822-1478
すべて疲れた人、重荷を負っている人は、わたしのところに来なさい。わたし があなた方を休ませてあげます。マタイの福音書11章28節
ホーム
教会のご紹介  私たちの信仰  私たちのめざすもの  牧師紹介  案内地図  教会ギャラリー  オルガン  ひかりの園
集会のご案内  定期集会  週報はじめての方へ  ショートメッセージ
ホーム > 週 報 > 2018/03/25
 
2018年3月25日(第12号)

「十字架のキリストと周囲の人々」

聖日礼拝

牧師 坂野慧吉


第1礼拝司会:

横田 眞兄  イエス・キリストがゴルゴタの丘で十字架に付けられた時、その周囲には多くの人々がいた。
 ルカの福音書23章によれば、イエスを訴えて死刑を要求したユダヤ人の指導者たち。彼らに扇動されて「十字架につけろ」と叫んだ群衆。たまたまイエスの十字架を負うことになったクレネ人シモン。イエスを慕い嘆き悲しむ女性たち。イエスと共に十字架につけられた二人の犯罪人たち。イエスを直接十字架につけたローマ人の百人隊長とその部下の兵士たち。イエスの知人たちとガリラヤからイエスについて来た女性たち。
 多くの民衆は、最初は「十字架につけろ」と叫び続けたが、イエスの十字架上のことばを聞き、その光景を見て、最後には「胸をたたいて悲しみながら帰った。」彼らは、自分たちが行った行動について後悔し悩んだに違いない。クレネ人シモンは、十字架のイエスを信じて、自分の国に帰って、イエスのことを宣教したとも考えられる。
 イエスと共に十字架に付けられた犯罪人たちの一人はイエスに悪口を言ったが、もう一人は、イエスに願ったために、「あなたはきょう、わたしとともにパラダイスにいます。」と約束された。
 死刑執行した百人隊長は、神をほめたたえ、「ほんとうに、この人は正しい人であった。」と告白した。
 このような人々が見る中で、イエスは「父よ。わが霊を御手にゆだねます。」と言って息を引き取った。しかし、その三日後にイエスは墓から復活したのである。

第2礼拝司会

櫻井利一兄

奏   楽 神野真理姉
前 奏
招 詞* 詩篇100篇1〜5節
賛 美* 539番
祈 り
主の祈り 週報をご参照ください
賛 美* 332番
牧会祈祷

牧師

賛 美* 338番
聖 書 ルカの福音書23章26〜49節
説 教
『十字架のキリストと周囲の人々』

牧師
献 金 331番
頌 栄* 541番
祝 祷* 牧師
後 奏
報 告
(*の部分はご起立下さい)

【3月の暗誦聖句】
どちらかが倒れるとき、ひとりがその仲間を起こす。倒れても起こす者のいないひとりぼっちの人はかわいそうだ。(伝道者の書4章10節)
遠隔地在住会員にメッセージを提供しています。パスワードが必要です。
右クリックし音声ファイル(MP3)を保存できます(3〜5MB程度) ご注意
浦和福音自由教会 © 2007-2018 Urawa Evangelical Free Church