浦和福音自由教会(Urawa Evangelical Free Church)
330-0061
さいたま市浦和区常盤10-7-13
TEL.048-822-1478
すべて疲れた人、重荷を負っている人は、わたしのところに来なさい。わたし があなた方を休ませてあげます。マタイの福音書11章28節
ホーム
教会のご紹介  私たちの信仰  私たちのめざすもの  牧師紹介  案内地図  教会ギャラリー  オルガン  ひかりの園
集会のご案内  定期集会  週報はじめての方へ  ショートメッセージ
ホーム > 週 報 > 2018/07/29
 
2018年7月29日(第30号)

「主に信頼して善を行え」

聖日礼拝

牧師 坂野慧吉


第1礼拝司会:

相馬敏之兄  詩篇37篇は、「悪を行なう者に対して腹を立てるな」ということばで始まっている
 いつの時代にも、「悪者」はいる。悪者は知恵があり、彼らの道は栄えているように思われる。自分が神を信じ、善を行っていると思っている人たちは、このような状態を見て、腹を立てやすい。「あんなに悪いことをして、良心が痛まないのか?」「神様は、すべてを知っているのに、それを見過ごしておられるのか?」
 しかし、詩篇の作者ダビデは自分の経験から、「悪者に腹を立てるな」と言う。なぜなら、「彼らは草のようにしおれ、青草のように枯れる」のだ。
 ダビデは「主に信頼して善を行え。地に住み、誠実を養え。」と言う。確かにこの世においては、悪者がはびこり、彼らの悪意がまかり通るように見えるかも知れない。しかし、神はすべてをご存じで、必ず悪者を裁かれる。神を信頼して神のみこころを行なう者を神は見捨てることはない。神にあって行われた良き業は必ず報いられる。
 これが聖書に記されている「神の約束」である。そして人間の歴史の中で、明らかにされた事実である。
 だから私たちは、決して不信仰に陥ることなく善を行い、今与えられている状況の中で、誠実に歩むことが大切なのだ。

第2礼拝司会

本木 誠兄

奏   楽 風間美穂姉
前 奏
招 詞* 詩篇100篇1〜5節
賛 美* 539番
祈 り
主の祈り 週報をご参照ください
賛 美* 7番
特別賛美(第1礼拝)「主のおしえを喜びとし」
小学科
子どもたちへのメッセージ(第1礼拝)
副牧師
牧会祈祷

牧師

賛 美* (第2礼拝) 338番
聖 書 詩篇37篇1〜7節
説 教
『主に信頼して善を行え』
牧師
献 金 298番
頌 栄* 541番
祝 祷* 牧師
後 奏
報 告
(*の部分はご起立下さい)

【7月の暗誦聖句】
しかしあなたがたは、神によってキリスト・イエスのうちにあるのです。キリストは、私たちにとって、神の知恵となり、また、義と聖めと、贖いとになられました。 (コリント人への手紙第一1章30節)
【8月の暗誦聖句】
主に信頼して善を行え。地に住み、誠実を養え。 (詩篇37編3節)
遠隔地在住会員に音声メッセージを提供しています。パスワードが必要です。
右クリックし音声ファイル(MP3)を保存できます(3〜5MB程度) ご注意
浦和福音自由教会 © 2007-2018 Urawa Evangelical Free Church