浦和福音自由教会(Urawa Evangelical Free Church)
330-0061
さいたま市浦和区常盤10-7-13
TEL.048-822-1478
すべて疲れた人、重荷を負っている人は、わたしのところに来なさい。わたし があなた方を休ませてあげます。マタイの福音書11章28節
ホーム
教会のご紹介  私たちの信仰  私たちのめざすもの  牧師紹介  案内地図  教会ギャラリー  オルガン  ひかりの園
集会のご案内  定期集会  週報はじめての方へ  ショートメッセージ
ホーム > 週 報 > 2018/12/02
 
2018年12月2日(第48号)

「私はあの人を知らない」

聖日礼拝

牧師 坂野慧吉


第1礼拝司会:

相馬敏之兄  ゲッセマネの園で捕えられたイエスは、大祭司の家に連れて行かれた。弟子のぺテロは遠く離れてついて行った。人々が大祭司の家の庭の真ん中に火を焚いて座っていたので、ペテロもその中に紛れ込んで一緒に座った。
 すると召使の女が火灯りの近くに座っていたぺテロに目を留めて、じっと彼を見つめて「この人もイエスといっしょにいました。」と言った。しかしペテロはそれを否定して、「いや、私はその人を知らない。」と言った。
 その後さらに二回ペテロはイエスを否認した。すると鶏が鳴いた。その時主は振り向いてペテロを見つめた。ペテロはイエスが言ったことばを思い起こし、外に出て行って激しく泣いた。
 ペテロはなぜ悔い改めることができたのだろか。第一には主イエスの「とりなしの祈り」である。「あなたの信仰がなくならないように祈りました。」(ルカ22章32節)第二は、主イエスの預言のことばである。「今日あなたは、鶏が鳴く前に、わたしを三度知らないという。」(ルカ22章34節)第三は主イエスの眼差しである。ペテロがイエスを三度「知らない」と否定したときに、イエスはペテロを見つめられた。そして第四には、十字架に付けられて死んだ主イエスが復活してペテロに現れて下さったことである。(ルカ24章34節)
 このようにして、ペテロは自分の弱さ、自分の罪を示されて悔い改めることができ、やがて再び主イエスの弟子として主の羊を飼う牧者として立てられるのである。

第2礼拝司会

本木 誠兄

奏   楽 神野真理姉
前 奏
招 詞* 詩篇100篇1〜5節
賛 美* 539番
祈 り
使徒信条 週報をご参照ください
賛 美* 94番
牧会祈祷

牧師

賛 美*
109番
聖歌隊・会衆
聖 書 ルカの福音書22章54〜62節
説 教
『私はあの人を知らない』
牧師
献 金 338番
頌 栄* 541番
祝 祷* 牧師
後 奏
報 告
(*の部分はご起立下さい)

【12月の暗誦聖句】
主の前に静まり、耐え忍んで主を待て。おのれの道の栄える者に対して、悪意を遂げようとする人に対して、腹を立てるな。
(詩篇37篇7節)
遠隔地在住会員に音声メッセージを提供しています。パスワードが必要です。
右クリックし音声ファイル(MP3)を保存できます(3〜5MB程度) ご注意
浦和福音自由教会 © 2007-2018 Urawa Evangelical Free Church