浦和福音自由教会(Urawa Evangelical Free Church)
330-0061
さいたま市浦和区常盤10-7-13
TEL.048-822-1478
すべて疲れた人、重荷を負っている人は、わたしのところに来なさい。わたし があなた方を休ませてあげます。マタイの福音書11章28節
ホーム
教会のご紹介  私たちの信仰  私たちのめざすもの  牧師紹介  案内地図  教会ギャラリー  オルガン  ひかりの園
集会のご案内  定期集会  週報はじめての方へ  ショートメッセージ
ホーム > 週 報 > 2019/03/24
 
2019年3月24日(第12号)

「舟の右側に網を打ちなさい」

聖日礼拝

牧師 坂野慧吉


第1礼拝司会:

風間岳志兄  復活されたイエスはティベリア湖畔で弟子たちにご自分を現わされた。
 シモン・ペテロは他の弟子たちとともに小舟に乗って漁に出た。しかしその夜は何も捕れなかった。夜が明け始めた時、イエスは岸辺に立ち、弟子たちに声をかけられた。「子どもたちよ。食べる魚がありませんね。」弟子たちは「ありません。」と答えた。するとイエスは彼らに「舟の右側に網を打ちなさい。そうすれば捕れます。」と言われた。弟子たちがその通りにすると、おびただしい数の魚が捕れた。
 イエスが愛された弟子(ヨハネ)が「主だ」と言うのを聞いて、ペテロは湖に飛び込んだ。他の弟子たちは網を引いて舟で陸地に戻って来た。
 彼らが陸地に上がると、そこには炭火の上に魚とパンがあった。イエスは「今捕った魚を何匹か持って来なさい。」と言われた。シモン・ペテロが網を引き上げると、網は153匹の大きな魚でいっぱいであった。イエスは弟子たちに「さあ、朝の食事をしなさい。」と招かれた。イエスはパンを取り彼らに分け、魚も同じようにして分けられた。こうして弟子たちは、復活の主とともに食事の交わりをしたのであった。
 イエスはぺテロとアンデレに「わたしについて来なさい。人間をとる漁師にしてあげよう」と言って彼らを召された。ヤコブとヨハネも同様であった。
 今、私たちは「人間をとる漁師」として召されている。「何も捕れなかった」と落胆してあきらめるのではなく、「舟の右側に網を打ちなさい」と言われるみことばによって、イエス・キリストの福音を伝えて行きたいと思う。 

第2礼拝司会

栗原 誠兄

奏   楽 臼倉ゆり子姉
前 奏
招 詞* 詩篇100篇1〜5節
賛 美* 539番
祈 り
賛 美* 62番
牧会祈祷

牧師

証 し 下村明矢師
賛 美* 聖歌623番
聖 書 ヨハネの福音書21章1〜14節
説 教
『舟の右側に網を打ちなさい』
牧師
献 金 502番
頌 栄* 541番
祝 祷* 牧師
後 奏
報 告
(*の部分はご起立下さい)

【3月の暗誦聖句】
人の歩みは主によって確かにされる。主はその人の道を喜ばれる。 (詩篇37篇23節)
遠隔地在住会員に音声メッセージを提供しています。パスワードが必要です。
右クリックし音声ファイル(MP3)を保存できます(3〜5MB程度) ご注意
浦和福音自由教会 © 2007-2019 Urawa Evangelical Free Church