Urawa Evangelical Free Church すべて、疲れた人、重荷を負っている人は、わたしのところに来なさい。わたしがあなたがたを休ませてあげます。 マタイの福音書11章28節
Home > 週報 > 2020/05/03
2020年5月3日(第18号)
聖日礼拝
司会 :喜多大樹師
奏楽 :三友庸子姉
前奏
招詞*詩篇100篇1~5節
賛美*539番
祈り
賛美*298番
牧会祈祷牧師
聖書ヨハネの福音書21章15~19節
説教わたしの羊を牧しなさい牧師
献金賛美歌354番
頌栄*541番
祝祷*牧師
後奏
(*の部分はご起立下さい。)

「わたしの羊を牧しなさい」

牧師 坂野慧吉 

 朝食を終えたとき、イエスはシモン・ペテロに言われた。「ヨハネの子シモン。あなたはこの人たちが愛する以上に、わたしを愛していますか。」ペテロは答えた。「はい、主よ。私があなたを愛していることは、あなたがご存じです。」ペテロは、主が捕らえられた時に三度も主イエスを知らないと言った。だからペテロは「私があなたを愛していることはあなたがご存じです。」と言ったのだ。イエスはペテロに言われた。「わたしの子羊を飼いなさい。」
 二度目に同じように繰り返された後、三度目に主は「ヨハネの子シモン。あなたはわたしを愛していますか。」と言われた。これに対してペテロは心を痛めて「主よ。あなたはすべてをご存じです。あなたはわたしがあなたを愛していることを知っておられます。」と答えた。主は彼に「わたしの羊を飼いなさい。」と言われた。
 「愛する」と訳されていることばが、原語のギリシャ語では、「アガパオー」と「フィレオー」という二つの違うことばが用いられている。「アガパオー」は神の愛のように、与え続ける愛であり、「フィレオー」は互いに与える「友愛」である。
 最初の二回は、主が「アガパオー」で聞かれて、ペテロが「フィレオー」と答えているが、三度目は主も「フィレオー」で問われて、ペテロも「フィレオー」で答えている。ペテロが「心を痛めた」のは、三度主を否定した自分の罪を赦し、自分を癒すために、イエスが三度質問されたからであり、三度目に主がペテロのことばを受け入れて、ご自分も「フィレオー」と言われたからである。

礼拝の映像をご覧になれます。(動画は繰り返し再生されます)


説教の音声をお聞きになれます。
音源(音声ファイル)は上の映像とは別のものです。


【5月の暗誦聖句】
心を尽くして主に拠り頼め。自分の悟りに頼るな。あなたの行く道すべてにおいて、主を知れ。主があなたの進む道をまっすぐにされる。 (箴言3章5~6節)