Urawa Evangelical Free Church すべて、疲れた人、重荷を負っている人は、わたしのところに来なさい。わたしがあなたがたを休ませてあげます。 マタイの福音書11章28節
Home > 週報 > 2020/05/31
2020年5月31日(第22号)
ペンテコステ礼拝
司会 :喜多大樹師
奏楽 :風間美穂姉
前奏
招詞*詩篇100篇1~5節
賛美*539番
祈り
賛美*298番
牧会祈祷牧師
聖書コリント人への手紙第1 15章1-11節
説教『復活のキリストの証人』牧師
献金聖歌168番
頌栄*541番
祝祷*牧師
後奏
(*の部分はご起立下さい。)

「復活のキリストの証人」

牧師 坂野慧吉 

 イエスは、「しかし、聖霊があなたがたの上に臨むとき、あなたがたは力を受けます。そして、エルサレム、ユダヤとサマリアの全土、さらに地の果てまで、わたしの証人となります。」と弟子たちに語られた後に上げられた。
 使徒パウロは、自分が宣教している「福音」の最も大切なことは「キリストが聖書に書いてあるとおりに、私たちの罪のために死なれたこと、また葬られたこと、また聖書に書いてあるとおりに、三日目によみがえられたこと」と記している。
 キリストは、キリスト教の迫害者であったサウロ(後のパウロ)に現れてくださった。ダマスコの近くで、サウロは突然、天からの光で照らされ、「サウロ、サウロ、なぜわたしを迫害するのか」という声を聞く。彼は「主よ。あなたはどなたですか」と聞くと「わたしは、あなたが迫害しているイエスである。」という答えがあった。パウロは主イエスから異邦人に福音を伝える使徒として召されたのであった。
 私たちも、復活のキリストに会った「証人」として、十字架にかかって死に、葬られ、復活して私たちとともにおられるキリストを宣教するために召されたのである。

礼拝の映像をご覧になれます。(動画は繰り返し再生されます)


説教の音声をお聞きになれます。
音源(音声ファイル)は上の映像とは別のものです。


【5月の暗誦聖句】
心を尽くして主に拠り頼め。自分の悟りに頼るな。あなたの行く道すべてにおいて、主を知れ。主があなたの進む道をまっすぐにされる。 (箴言3章5~6節)
【6月の暗誦聖句】
しかし、聖霊があなたがたの上に臨むとき、あなたがたは力を受けます。そして、エルサレム、ユダヤとサマリアの全土、さらに地の果てまで、わたしの証人となります。 (使徒の働き1章8節)