Urawa Evangelical Free Church すべて、疲れた人、重荷を負っている人は、わたしのところに来なさい。わたしがあなたがたを休ませてあげます。 マタイの福音書11章28節
Home > 週報 > 2020/06/28
2020年6月28日(日)
聖日礼拝
第1礼拝司会 :五十嵐正俊兄
第2礼拝司会 :小室正彦兄
奏    楽 :田中美穂姉
前奏
招詞*詩篇100篇1~5節
賛美*539番 (会衆賛美)
祈り
聖書ローマ人への手紙12章1節
牧会祈祷牧師
説教『礼拝をささげよう』齊藤副牧師
献金298番(黙想)
頌栄*賛美歌541番 (会衆賛美)
祝祷*牧師
後奏
報告
(*の部分はご起立下さい。)

「礼拝をささげよう」

副牧師 齊藤 耕 

 「ですから、兄弟たち、私は神のあわれみによって、あなたがたに勧めます。」 12章からのパウロの勧めは、これまで語られてきた教理が土台となっている。つまり、罪人である私たちが、キリストの十字架による贖いのゆえに、罪が赦され、義とされ、神の子として迎えられたこと。この救いのみわざは本当に神の大いなるあわれみによるものであった。この教理を受け止めてきた者の当然の結末として、そのあるべき姿が示される。
 「あなたがたのからだを、神に喜ばれる、聖なる生きたささげ物として献げなさい。」 パウロの勧めは献身である。神は、そのひとり子のいのちを与え、私たちを救ってくださった。本来、自らの罪の結果として、死ぬべき存在であった私たちがキリストのいのちによって生かされたからだ。パウロは、あえて「からだ」を献げなさいと述べている。そこには、あなたの生き方を、あなたの人生を献げなさいという意味が込められている。つまり、心で受け止めているだけではなく、神のものとされたあなたがたは、そのからだをもって神の栄光を現すために生かされているからだ(参照.Ⅰコリント6:20)。
 「それこそ、あなたがたにふさわしい礼拝です。」 礼拝には、いけにえが必要である。全焼のいけにえは、既に、イエス・キリストご自身によって献げられた。私たちは、神様への感謝と交わりの回復の表れとして、自分自身を生きたささげ物として献げる。それこそがふさわしい礼拝であった。

9時25分から第1礼拝のライブ配信を始めます。また第1礼拝終了後はその動画(録画)をご覧になれます。


説教の音声をお聞きになれます。
音源(音声ファイル)は上の映像とは別のものです。週報ページと音声ファイルは別々の担当者が作製しており、公開日時が同じでないため、再生操作しても音声データが得られず再生されない場合があります。その場合は後日再度、操作を試みてください。


【6月の暗誦聖句】
しかし、聖霊があなたがたの上に臨むとき、あなたがたは力を受けます。そして、エルサレム、ユダヤとサマリアの全土、さらに地の果てまで、わたしの証人となります。 (使徒の働き1章8節)
【7月の暗誦聖句】
もし私たちが自分の罪を告白するなら、神は真実で正しい方ですから、その罪を赦し、私たちをすべての不義からきよめてくださいます。 (ヨハネの手紙第一 1章9節)